医院開業時の役所の届出書類の書き方

医院を開業するには非常に多くの官庁に書類を提出しなければなりません。なかでも最も重要なのが診療所開設届です。これは開業する地域を所管する保健所に提出します。診療所開設届に必要な項目は、「医院の名称」「所在地」「診療科目」「開設者の名称と所在地」「開設年月日」「臨床研修修了年月日」「免許番号と登録年月日」などとなっています。ただし保健所によって項目が異なるので、個別に対応する必要があります。また数多くの添付書類を提出しなければなりません。具体的には医師免許の写し、職歴書、土地や建物の登記事項証明書、賃貸借契約書の写し、敷地や建物の平面図、エックス線診療室がある場合はその平面図や立体図などです。これも保健所によって異なる場合があります。

書類提出のタイミングと事前準備

診療所開設届の提出期限は開業後10日以内となっていますが、不備があると診療を続けられなくなるため、実際には開業前に保健所の担当者と相談し、書類の書き方や開業の時期について打ち合わせておきます。また診療所開設届以外にも、事前に診療所使用許可申請書・麻薬施用者免許申請書・麻薬管理者免許申請書などを提出する必要があります。さらにエックス線設備があればエックス線装置備付届が、感染症や被爆などの指定医療機関となる場合は各種医療機関指定申請書も必要です。設備によって書類が異なるので注意しましょう。開設届が受理されると実地検査を受けることになります。検査には管理者の立会が必要です。都合の良い日に検査を受けられるとは限らないので、早めに準備しておくことが大切です。

そのほかに必要な各種書類と提出先

開設する医院で保険診療を行なう場合には、地方厚生局に保険医療機関指定申請書を提出し、指定医療機関コードを交付してもらう必要があります。地方によって異なりますが、申請の受付には毎月締切日が設けられていることが多く、これを過ぎると翌月に回されるため、開業が1か月遅れることにもなりかねません。あらかじめ締切日を確かめておきましょう。また診察料の点数計算のため、診療料の施設基準等に係る届出書を提出する必要もあります。このほかスタッフを雇用する場合には、労働基準監督署・公共職業安定所・社会保険事務所への届出も必要です。また税務署には個人事業改廃等届出書や、青色申告承認申請書などを提出します。医師会への加入は任意ですが、入る場合は郡市区等医師会に入会書を提出します。